AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)かどうかチェックする方法とは

投稿日:2016年10月12日 更新日:

自分がAGA(男性型脱毛症)なのかどうか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

自分の薄毛がAGAなのかそうではないのかという判断は自分では難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。

では具体的にどうやってAGA(男性型脱毛症)かどうか判断するのでしょうか。

AGA(男性型脱毛症)は皮膚科で診る病気ではありますが、ちょっと前までは抜け毛改善法といえば市販の育毛剤や発毛剤を使うと言う人が多かったと思います。

これまでは医師もAGA(男性型脱毛症)についての治療には積極的ではなかったのですが、AGA(男性型脱毛症)の治療薬のプロペシアなどが発売されたのをきっかけにして皮膚科医の医師が治療にあたるようになりました。

理由はこの薬を使うためには医師の処方箋が必要になるからです。

AGA(男性型脱毛症)を病気とは言っていますが、厳密には病気とはいえないので特殊な事例とも言えるかもしれないですね。

AGA(男性型脱毛症)かどうかの判断基準とは

2014y11m12d_152409603

AGA(男性型脱毛症)かどうか判断するにはAGAの特徴をしっかりと抑えておく必要があります。

AGA(男性型脱毛症)は髪の毛が抜けてしまう部位が前頭部と頭頂部に限られているのが大きな特徴になります。

そのためそれ以外の場所が抜けている場合はAGA(男性型脱毛症)でないということがわかると思います。

ちなみにAGA(男性型脱毛症)かどうかの判断基準については額の生え際から頭頂部までの距離で診断されます。

専門家によると額の生え際の先端が頭頂部の前方3cmをこえて後退を示している場合はAGA(男性型脱毛症)だと定義しているようです。

これを後に植毛の専門家が2cmと改定して、これが現在のAGA(男性型脱毛症)かどうかの定義になっています。

そうはいってもこの基準は欧米人を基準としたものなので、どこまで信頼性があるのかは判断できかねますね。

実際にAGA(男性型脱毛症)は人種で少し差があるようです。

欧米の男性の場合は前頭部が薄くなりやすいのに対して、日本人の場合は前頭部の髪の毛が比較的保たれているが、てっぺん付近の髪の毛が薄くなる傾向にあります。

さらにAGA(男性型脱毛症)の発症率も変わってきており、欧米の場合は50パーセントの人がなるのに対して日本人は30パーセント程度になります。

中国人や韓国人は20パーセントと脱毛しない人のほうが多いくらいです。

AGA(男性型脱毛症)には人種的な差異もありますが、他にも個人差があるということを知っておいてください。

一応AGA(男性型脱毛症)には判断基準がありますが、気になったら医師に相談するくらいの気持ちでいいと私は思います。

男性ホルモンと髭などの体毛との関係

男性ホルモンと髭などの体毛との関係男性ホルモンと髪の毛と髭には大きな関係があるのは知っていると言う人も多いのではないでしょうか。

ちなみに男女問わずに思春期になってくると男性ホルモンの作用が働いてヘアサイクルが変化することがわかっています。ただ男性ホルモンが作用する場所と言うのはあらかじめ限定されています。

具体的には男性の場合は子供のころは髭や胸毛は軟毛なので、あまり目立ちませんが、思春期になると髭や胸毛も硬毛していきます。

ちなみに女性でも男性ホルモンは持っていますが、女性の場合は思春期を過ぎても胸毛などは軟毛なので目立ちません。

ただ腋毛や陰毛などは男女問わずに思春期のころから男性ホルモンの作用で硬毛になっていきます。

男性ホルモンが直接作用するのは毛というよりは、毛乳頭細胞がターゲットになります。

AGA(男性型脱毛症)の男性ホルモンの影響

AGA(男性型脱毛症)の男性ホルモンの影響ではAGAの場合だと男性ホルモンは髪の毛にどのような影響を及ぼすようになるのでしょうか。

簡単に言うと、男性ホルモンが髭に対しては毛の発育を促進するシグナルを発信して、前頭部では発育を抑制するシグナルを出すという、髭と髪の毛でまったく違ったシグナルを出すのです。

実際に実験でも、髭と髪の毛で男性ホルモンの影響を試したら、どちらもまったく反対の影響がでたという結果が出ています。

科学的に言うと、思春期に男性ホルモンが増えてくるような場合だと、髭の毛乳頭細胞からはIGF-1という成長因子が作られます。

このIGF-1という成長因子が角化細胞を刺激して髭の成長が促進されるのです。

AGAを起こす前頭部では男性ホルモンが増えると毛乳頭細胞からTGF-β1という因子がでます。

このTGF-β1という因子はIGF-1とは逆で角化細胞が増えるのを強力に抑制したりする効果があります。

このTGF-β1をマウスに打つと脱毛が発生します。

こういったことから脱毛に直接影響があるのは男性ホルモンというよりは、男性ホルモンによって影響されて発生した、TGF-β1とIGF-1が関係しているということがわかります。

こうしたシステムの解明が進んでいるので、いずれはこれを応用して効果的な育毛剤や脱毛剤ができるかもしれないですね。

AGAの可能性が高い薄毛や若ハゲのタイプについて

AGAの可能性が高い薄毛や若ハゲのタイプ

AGAには特徴的なハゲのタイプがあります。

基本的に10代や20代などの若ハゲの人はAGAの可能性が高いですが、基本的にAGAの症状に該当する薄毛のタイプは2つになります。

それは「頭頂部ハゲ」と「前頭部ハゲ」になります。

下記で「頭頂部ハゲ」と「前頭部ハゲ」について説明しているので参考にしてください。

AGAによる頭頂部ハゲについて

頭頂部ハゲは「つむじハゲ」とも呼ばれており、その名前の通り頭頂部付近の髪の毛が薄くなっていくという症状になります。

頭頂部ハゲの場合には鏡を見ても薄毛の症状が分かりにくい場所なので、気づいたら思ったよりも症状が進行していたということがあります。

頭頂部ハゲは分かりやすいAGAの症状の一つなので、10代や20代で頭頂部が薄くなっていると感じたらAGAの可能性が非常に高いです。

AGAの場合にはそのままにしていても治ることはないので早めの対策が必要になってきます。

下記で頭頂部ハゲの詳細情報を載せているので参考にしてください。

参照:頭頂部ハゲの初期症状と改善方法

AGAによる前頭部ハゲについて

おそらく若い人も含めてハゲで悩んでいる人の多くがこの前頭部ハゲの症状ではないでしょうか。

前頭部ハゲはその名前の通り、前髪付近がどんどん後退していくような症状になっており、鏡を見ていると薄毛の症状一目瞭然なので気になっている人も多いのではないでしょうか。

前頭部ハゲはAGAの典型的な症状で、分かりやすいところだとトレンディエンジェルの斉藤さんもこの症状に合致していると思います。

前頭部ハゲも10代や20代で何となく前髪付近が薄くなってきたと感じたら注意したほうがいいと思います。

前頭部ハゲは非常に目立ってしまうので早めの対策が大事になります。

下記で前頭部ハゲの詳細情報を載せているので参考にしてください。

参照:前頭部ハゲの初期症状と改善方法

ピックアップ記事

1
AGA(男性型脱毛症)かどうかチェックする方法とは

自分がAGA(男性型脱毛症)かどうか判断する方法について説明しています。実際に自分がAGAなのか自己流で判断するのは難しいことです。そこでここではそんなAGAの簡単な判断基準について乗せています。参考にしてください。

自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較 2
自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較

育毛や発毛などの薄毛対策の中には植毛と言う選択肢もあります。そもそも植毛とはどのようなものなのでしょうか? 植毛は髪の薄い部分に直接毛を植えつけるというそのままの方法になります。 直接毛を植えつけてい ...

育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較 3
育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較

育毛に効果があると言われている商品には、育毛サプリがありますが、効果はあるのでしょうか? 現在では沢山の育毛サプリが販売されていますが、これだけ販売されているということはそれなりの効果があるからとも考 ...

その他の薄毛のタイプ画像 4
前頭部の若ハゲや薄毛の原因と改善方法

前頭部の若ハゲで悩んでいる男性は多いですが、そのままにしているとさらに若ハゲが進行する可能性が高いです。 前頭部はハゲの中でも悩んでいる人が多い種類のハゲなので何と改善したいと思っている人は多いと思い ...

頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法 5
頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法

頭頂部の薄毛(つむじハゲ)の原因や改善方法について興味のある人は少なくないですが、そのままにしているとどんどん薄毛の範囲が広くなってしまって、取り返しのつかないことになる可能性があります。 頭頂部の薄 ...

-AGA(男性型脱毛症)

Copyright© 若ハゲ男の薄毛改善方法体験日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.