育毛や発毛にいい食べ物

魚介類の薄毛や抜け毛への効果

更新日:

魚介類が体にいいというのは有名な話ですよね。

実際に魚介類には体や抜け毛対策に非常に効果的なIGF-1を増やす効果があるのものが多数あります。

日本人は世界的にも長寿の国として有名ですが、これには魚を良く食べるということも関係していると言われています。

日本だけではないですが、魚を良く食べている漁師などは、心筋梗塞脳血管疾患などの死亡率が一般の人よりも低いということがわかっています。

こういったことからも普段から魚を主食として食している人の健康が非常に優れているというのは立証されていると考えていいかもしれないですね。

魚の中でも特にアジやサンマなどの青魚は特に体にいいと言われています。

ちなみにIGF-1を増やすのに効果的な食品としてはどのようなものをあげることができるのでしょうか?

IGF-1についての詳しい情報はこちらから参考にしてください。

紅鮭のアスタキサンチンで育毛効果を実感!

2014y12m16d_154744749

和食では定番になっている紅鮭ですが、これにもIGF-1を増やす作用がある成分が含まれています。

それは鮭の身の赤い色素にもなっているアスタキサンチンという物質になります。

アスタキサンチンは活性酸素を抑える、抗酸化作用が強いことで有名な成分ですが、他にもIGF-1を増やすという効果があるということが言われています。

ちなみにアスタキサンチンの育毛効果を4ヶ月間実験したら、試した5人全員に効果があったというデータがあります。

アスタキサンチンは育毛効果はもちろんですが、化粧品の成分としても利用されていることからも肌にもいいとされています。

IGF-1は肌の老化作用を抑える効果があるので、そういった意味で化粧品に使われているというのは納得ですね。

牡蠣やイカやタコも育毛に効果的!

2014y12m16d_162032374

イカやタコにはタウリンという成分が含まれており、これが育毛に多きな影響を与えているといわれています。

タウリンはIGF-1を増やす成長ホルモンの分泌を促進して、子供の成長にかかせない作用があることが分かっています。

実際にタウリンが知覚神経を刺激してIGF-1を増やしてくれるということがわかっています。

ちなみにタウリンを効率的に摂取するためには、イカやタコを刺身で食べるのがいいとされています。これはタウリンが水に溶けやすいためだといわれています。

そういえばタウリンといえば、健康ドリンクのCMでも流れているなじみの深い成分ではないでしょうか。こういうのを利用するのもいいかもしれないですね。

牡蠣の場合は亜鉛がIGF-1を増やす効果があるので薄毛対策に効果的だといわれています。

逆に亜鉛が不足すると薄毛になることもわかっているので、育毛には非常に関係深い物質だと言われています。

亜鉛といえば牡蠣が非常に多く含まれているので、特に牡蠣が美味しい冬の季節などには積極的に摂取するようにしてはどうでしょうか?

ピックアップ記事

1

自分がAGA(男性型脱毛症)かどうか判断する方法について説明しています。実際に自分がAGAなのか自己流で判断するのは難しいことです。そこでここではそんなAGAの簡単な判断基準について乗せています。参考にしてください。

自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較 2

育毛や発毛などの薄毛対策の中には植毛と言う選択肢もあります。そもそも植毛とはどのようなものなのでしょうか? 植毛は髪の薄い部分に直接毛を植えつけるというそのままの方法になります。 直接毛を植えつけてい ...

育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較 3

育毛に効果があると言われている商品には、育毛サプリがありますが、効果はあるのでしょうか? 現在では沢山の育毛サプリが販売されていますが、これだけ販売されているということはそれなりの効果があるからとも考 ...

その他の薄毛のタイプ画像 4

前頭部の若ハゲで悩んでいる男性は多いですが、そのままにしているとさらに若ハゲが進行する可能性が高いです。 前頭部はハゲの中でも悩んでいる人が多い種類のハゲなので何と改善したいと思っている人は多いと思い ...

頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法 5

頭頂部の薄毛(つむじハゲ)の原因や改善方法について興味のある人は少なくないですが、そのままにしているとどんどん薄毛の範囲が広くなってしまって、取り返しのつかないことになる可能性があります。 頭頂部の薄 ...

-育毛や発毛にいい食べ物

Copyright© 若ハゲ男の薄毛改善方法体験日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.