薄毛の原因

薄毛や若ハゲの遺伝は母方の父が原因で治らない

投稿日:2016年7月19日 更新日:

薄毛の遺伝が父方や母方からというのは良くあることです。

ただ遺伝というのは体質的なものなので、治らないのか気になっている人も多いのではないでしょうか?

薄毛と遺伝の関係性については昔からよく言われていることで、今の時代だと、薄毛の原因になっている遺伝子がある程度特定されていて、病院や専門機関での検査も可能になってきています。

ちなみに薄毛になりやすい遺伝子は、その80パーセントが母方から受け継がれるものになります。

そのため父方よりも母方の親戚を見たほうが将来的に薄毛になりやすいかどうかの目安になりやすいと思います。

薄毛になりやすい遺伝子でも必ず薄毛になるわけではない

薄毛家系

薄毛になりやすい遺伝子を持っていたとしても必ず薄毛になるというわけではないです。

遺伝するのはあくまでも、薄毛になりやすい体質であって、薄毛そのものが遺伝するわけではないのです。

親戚全員が薄毛だからといっても、後天的なケアや生活改善、早期治療などで薄毛になることを回避することも可能です。

しかし逆に薄毛になりやすい遺伝子を持って無くても、不摂生が続いたり、ストレスにさらされ続けたりしていると薄毛になることもあります。

薄毛を遺伝だと考えている人の場合だと、諦めてしまう人もいます。

まあ、世の中に出回っている発毛や薄毛関連の商品には効果がないのものが多いのでそう思い込んでしまうのもある意味では無理ないですが、改善は可能だということを知って欲しいです。

つまりは情報格差によって改善できないと思い込んでしまっているともいえますね。

しっかりとした方法を知っている人は改善できるけど、知らない人は何をやってもなかなか改善しないという状況になっています。

薄毛遺伝の噂について

2014y11m05d_161011006

薄毛遺伝と同じようによく耳にする噂だと「毛深い人は男性ホルモンが多いから薄毛になりやすい」と聞いたことがあるのではないでしょうか。

実際に男性ホルモンの量が体毛や毛髪の薄いや濃いを決めていると考えている人も結構多いのではないでしょうか。

しかし実際には男性ホルモンの分泌量は体毛が濃い人も薄い人もそこまで大きな差はないのです。

また男性ホルモンが薄毛になることを証明しようとした実験も行われたみたいです。

そこで男性ホルモンが薄毛の原因の一つになっていることは確かにわかります。

しかし男性ホルモンの量が増えたからといっても必ずしも薄毛にならないことも示されているのです。

つまりは薄毛は男性ホルモンの量だけで決まるわけではないと言うことです。

また体毛が濃い人が薄毛になりやすいかどうかについても、医学的にはっきりとした根拠は今のことろはないです。

こうして考えてみると薄毛対策は非常に奥が深いということがわかりますね。

遺伝による若ハゲと薄毛の仕組みとは?

遺伝による若ハゲと薄毛の仕組み

薄毛になるのは必ずしも遺伝による原因だけではないですが、それでも遺伝による若ハゲや薄毛への影響はかなり強いです。

実際に普段から健康的で薄毛とは無縁のような生活をしている人でも、若ハゲのや薄毛になってしまっている人もいれば、生活習慣が不規則で明らかに髪の毛に良くないストレスの多い生活を送っているような人でも薄毛にならない人もいます。

こういった薄毛なるような生活をしてない人や、薄毛になるような生活をしている人でも薄毛になったりならなかったりするのが遺伝による差になります。

具体的にはM字ハゲやAGA(若ハゲ)と言われているハゲについてには遺伝性があることが有名です。

特に若ハゲなどの原因が医学的に解析されてきており、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが若ハゲなどのAGAに大きな影響を与えてているということがわかっています。

ジヒドロテストステロン(DHT)はテストステロンが5α-リダクターゼ(5α-還元酵素)によって変化したものだということがわかっています。ちなみにテストステロンは男性ホルモンのことです。

ジヒドロテストステロン(DHT)は悪玉の男性ホルモンの呼ばれており、髪の毛の成長する期間を短くしてしまう効果があります。

このジヒドロテストステロン(DHT)の影響を受けやすいかどうかということが遺伝によって決まってくるといわれています。

ジヒドロテストステロン(DHT)の影響を受け易い感度を父親か母親から受け継いでいるかどうかが、薄毛になりやすいかどうかという体質に影響しているのです。

こういったメカニズムが「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれるものになります。

遺伝によって薄毛や若ハゲになるかどうかは決まってないですが、薄毛や若ハゲになりやすいかどうかは遺伝に影響されるというには間違いないです。

遺伝による若ハゲや薄毛は母方の父親の影響が強い!

遺伝による若ハゲや薄毛は母方の父親の影響が強い

遺伝によって薄毛に関する成分であるジヒドロテストステロンによる影響を受けやすいかどうかが問題だと説明しましたが、具体的にどのような流れで薄毛になりやすい遺伝子は引き継がれるのでしょうか?

薄毛についての遺伝子による流れがどのようなものか下記を参考にしてください。

薄毛の遺伝による流れ

遺伝には染色体というものが多く関係しています。よくX染色体と、Y染色体というのが有名ですよね。学校の生物の時間でも学んだ人も多い思います。

薄毛や若ハゲに関する遺伝はX染色体に存在する遺伝子にって起こるものだと言われています。

性遺伝子は母親は「X X」父親は「X Y」という染色体になります。子どもはこれらの組み合わせによって生まれます。

子どもが男の場合は母親からX染色体父親からY染色体を貰って「X Y」となります。

つまりX染色体に薄毛の原因になる遺伝子が入っているということは、X染色体を引き継ぐ母親が側の父親の薄毛が非常に影響しているということです。

簡単に言うと薄毛遺伝子の入っているX染色体は母親から受けつぐので薄毛は母方の家系による影響が強いということです。

ちなみに両親ともハゲの家系だと80パーセント近くの確率で子どもがハゲると言われており、片方がハゲの家系だと50パーセントだと言われています。

こうして見ると結構ハゲというのは遺伝的にも強い性質をもっているのだとわかりますね。

薄毛や若ハゲは遺伝と生活環境によって発症する

薄毛や若ハゲは遺伝と生活環境によって発症する遺伝によって必ずしも若ハゲになったり薄毛になるということでもないです。

遺伝的に薄毛になりやすい人でも若ハゲや薄毛になってない人も実際に存在します。

若ハゲや薄毛になる原因としてもうひとつあげられるのが普段の生活環境にあります。

タバコを毎日のように吸っていたり、お酒を好んで飲みすぎていたり、生活環境が不規則でストレスが溜まっていたり、脂っこい食生活を送っていたり、こういった髪の毛に悪いような生活を送っていると、遺伝的な薄毛要因と重なってどんどんハゲていきます。

ただ面白いのは、こういった生活習慣については父親からの影響を受けやすいということです。

そういった意味では薄毛については両親からの影響が大きく影響しているというのは遺伝的に間違ってないと思います。

遺伝による薄毛や若ハゲは薬によって解決できるのか?

遺伝による薄毛や若ハゲは薬によって解決

薄毛改善に効果のある薬としてよくプロペシアなどが紹介されていたりしますよね。

このプロペシアに含まれているフィナステリドはジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑える効果があると言われています。

厳密に言うとテストステロンを変化させるⅡ型の5α-リダクターゼの作用を妨害することによってジヒドロテストステロン(DHT)が生成できないようにするという効果です。

こういった理由で薄毛の治療薬としてフィナステリドという成分が良く利用されているのです。

このフィナステリドは遺伝的にハゲやすい人には効果が高いといわれています。

反対に遺伝的にハゲにくい人には効果が薄いとされています。

上記で記載しましたが、遺伝的にハゲやすい人はジヒドロテストステロン(DHT)の影響によってハゲやすくなっているので、これを抑える効果のあるフィナステリドが効果的なのは当然です。

ただ元々、ハゲにくい人はジヒドロテストステロン(DHT)への影響が少ないので、フィナステリドでフィナステリドを抑えたとしても効果が薄いということです。

遺伝による薄毛や若ハゲは薬によって抑えられる可能性はありますが、完全にというわけではないです。

また抑えたとしてもそこから生活習慣の改善や頭皮環境を整えたりする必要もあったり、やることは色々あります。

遺伝による薄毛や若ハゲのまとめ

遺伝による薄毛や若ハゲのまとめ

遺伝による薄毛は主に若ハゲとして有名な「男性型脱毛症(AGA)」によるものだということがよくわかったと思います。

また、薄毛の遺伝が母方の家系によるものだということも科学的に分かっていることも判明しましたね!

実際に私の母方の家系も薄毛の人が多いように感じましたので、おそらく薄毛の血筋を私も引いていると思います。

とは言ってもすべての薄毛が遺伝によるものではないので、普段からの食生活や生活習慣次第では、薄毛を抑えることも可能です。

遺伝による薄毛が判明するとちょっとショックですが、現代では色々な薬や育毛剤が出てきており、「男性型脱毛症(AGA)」対策の方法も増えてきているので、悩んでいるなら試してみるといいと思います。

当サイトでは遺伝による薄毛対策の方法はもちろんですが、生活習慣や食生活から薄毛改善に取り組む方法についても載せているので参考にしてください。

ピックアップ記事

1
AGA(男性型脱毛症)かどうかチェックする方法とは

自分がAGA(男性型脱毛症)かどうか判断する方法について説明しています。実際に自分がAGAなのか自己流で判断するのは難しいことです。そこでここではそんなAGAの簡単な判断基準について乗せています。参考にしてください。

自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較 2
自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較

育毛や発毛などの薄毛対策の中には植毛と言う選択肢もあります。そもそも植毛とはどのようなものなのでしょうか? 植毛は髪の薄い部分に直接毛を植えつけるというそのままの方法になります。 直接毛を植えつけてい ...

育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較 3
育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較

育毛に効果があると言われている商品には、育毛サプリがありますが、効果はあるのでしょうか? 現在では沢山の育毛サプリが販売されていますが、これだけ販売されているということはそれなりの効果があるからとも考 ...

その他の薄毛のタイプ画像 4
前頭部の若ハゲや薄毛の原因と改善方法

前頭部の若ハゲで悩んでいる男性は多いですが、そのままにしているとさらに若ハゲが進行する可能性が高いです。 前頭部はハゲの中でも悩んでいる人が多い種類のハゲなので何と改善したいと思っている人は多いと思い ...

頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法 5
頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法

頭頂部の薄毛(つむじハゲ)の原因や改善方法について興味のある人は少なくないですが、そのままにしているとどんどん薄毛の範囲が広くなってしまって、取り返しのつかないことになる可能性があります。 頭頂部の薄 ...

-薄毛の原因
-,

Copyright© 若ハゲ男の薄毛改善方法体験日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.