育毛剤

育毛剤と発毛剤の違いについて

更新日:

育毛剤と発毛剤の違いをあなたはご存知でしょうか?

どちらも髪の毛にいいということはわかると思いますが、厳密にはどのような違いがあるのかしっかりと理解しておくと薄毛対策用品を選ぶ際の参考になるでご覧になってみてはどうでしょうか。

育毛と発毛と言うのは意外と曖昧な感じがしますが、日本の場合だと薬事法が大きく関わっていると考えられます。

育毛剤とはどのようなもの?

市販の育毛剤

育毛剤は市販の薄毛対策用品だともっともポピュラーなものだと言えるのではないでしょうか。

そもそも育毛とは毛髪の成長を促す効果のあるものだと言われています。

育毛剤は基本的には医薬部外品などのものが多く、このあたりに違うがあると感じます。

髪の毛の脱毛を予防したり、健康的な丈夫な髪の毛を育てることを目的にしている商品と言えると思います。

さらに頭皮環境を整えることによって薄毛部分の改善もできればいいなという感じの商品になります。

市販のものでも非常に種類が多いので、自分に合うもを探すのも結構大変だと思います。

発毛剤とはどのようなもの?

発毛剤

発毛剤は育毛剤と違って非常に少ないです。

いわゆる文字通り、頭皮から新たな髪の毛を増やす効果のある商品と言うことになります。

発毛剤の場合は厚生労働省から発毛効果があると認定されないと発毛剤にはならないので、発毛剤の数は非常に少ないです。

発毛剤として効果があると言われているのは「リアップ」になります。

効果は強いと言われていますが、その分副作用についても考える必要もあるかもしれないですね。

発毛剤と育毛剤と医薬品と医薬部外品の違い

医薬品と医薬部外品

発毛剤や育毛剤にも医薬品と医薬部外品の違いがあります。

薬事法でこれらは分類されて分かれいますが、効果の判別が結構曖昧です。

医薬品の場合は「円形脱毛症や壮年性脱毛における発毛や育毛および脱毛の進行予防」となっており、医薬部外品では「脱毛予防や発毛・育毛の促進」と定義されています。

こうしてみると医薬品も医薬部外品も薬事法の定義だとほとんど変わりがないように見えるのは私だけでしょうか。

どちらも発毛と育毛と言う言葉も入っており、そこまで違いがあるとは思えませんね

医薬品と医薬部外品の効果についての違いは結構曖昧だということは知っておいていいかもしれないですね。

ピックアップ記事

1

自分がAGA(男性型脱毛症)かどうか判断する方法について説明しています。実際に自分がAGAなのか自己流で判断するのは難しいことです。そこでここではそんなAGAの簡単な判断基準について乗せています。参考にしてください。

自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較 2

育毛や発毛などの薄毛対策の中には植毛と言う選択肢もあります。そもそも植毛とはどのようなものなのでしょうか? 植毛は髪の薄い部分に直接毛を植えつけるというそのままの方法になります。 直接毛を植えつけてい ...

育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較 3

育毛に効果があると言われている商品には、育毛サプリがありますが、効果はあるのでしょうか? 現在では沢山の育毛サプリが販売されていますが、これだけ販売されているということはそれなりの効果があるからとも考 ...

その他の薄毛のタイプ画像 4

前頭部の若ハゲで悩んでいる男性は多いですが、そのままにしているとさらに若ハゲが進行する可能性が高いです。 前頭部はハゲの中でも悩んでいる人が多い種類のハゲなので何と改善したいと思っている人は多いと思い ...

頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法 5

頭頂部の薄毛(つむじハゲ)の原因や改善方法について興味のある人は少なくないですが、そのままにしているとどんどん薄毛の範囲が広くなってしまって、取り返しのつかないことになる可能性があります。 頭頂部の薄 ...

-育毛剤

Copyright© 若ハゲ男の薄毛改善方法体験日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.