薄毛改善対策方法

縮毛矯正やストレートパーマは薄毛や若ハゲの原因になるのか?

投稿日:

縮毛矯正やストレートパーマについては女性だけでなく男性でも行っている人は多いです。

くせ毛で悩んでいる人はこういった縮毛矯正やストレートパーマを利用すると、想像以上に髪の毛が真っ直ぐになって生まれ変わったかのような気分になると思います。

縮毛矯正やストレートパーマによって自分の理想とする髪の毛を手に入れている一方で、頭皮やなどに負担がかかって抜け毛が増えてしまって、その結果として若ハゲや薄毛になるのではないかと不安に感じる人もいます。

実際に縮毛矯正やストレートパーマを行うと薄毛や若ハゲで将来悩むことになるのでしょうか?

縮毛矯正とストレートパーマの違いとは?

縮毛矯正とストレートパーマの違い画像

縮毛矯正とストレートパーマと聞くと、何となく髪の毛を真っ直ぐにするというイメージを持っている人が多いですが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

縮毛矯正はその名前を表すように、くせ毛を矯正して真っ直ぐに伸ばすという方法になります。

そのため地毛がくせ毛や天然パーマなどのようなことで悩んでいる人が利用するのが縮毛矯正になります。

ストレートパーマはパーマをしている人の髪の毛をまっすぐに戻すという方法になります。

ストレートパーマは髪の毛の矯正力は縮毛矯正に劣りますが、その分だけ髪の毛への負担は小さいとされています。

逆に縮毛矯正は矯正力が強く、強烈なくせ毛も直毛にすることが可能ですが、その分だけ髪の毛への負担も大きくなるということを知っておきましょう。

縮毛矯正とはどのような方法?

縮毛矯正とはどのような方法画像

縮毛矯正は特殊な液剤を利用して髪の毛の質を変化させて、そこに熱を加えて髪の毛を引き伸ばして直毛にするという、くせ毛矯正の方法になります。

縮毛矯正は施術時間が長くて、費用が高額、さらには髪の毛へのダメージが大きいというデメリットがあります。

逆に矯正部分は半永久的に直毛ということや持続時間が長いというメリットがあります。

ちなみに縮毛矯正は市販で販売されている縮毛矯正のグッズを利用して自分で行うことが可能です。

ただ縮毛矯正の液剤などは非常に強い性質のものなので、素人が安易に行うのは止めておいた方がいいと思います。

自分の髪の性質を勝手に判断して縮毛矯正を行うと、将来の若ハゲや薄毛に繋がるので注意が必要です。

縮毛矯正を行う場合には専門家に任せるようにしましょう。

ストレートパーマとはどのような方法?

ストレートパーマとはどのような方法画像

ストレートパーマは昔はパーマを戻すためのものだったのですが、現在は少し趣が変わってきています。

ストレートパーマはパーマのストレート版のような感じで最近では利用されており、縮毛矯正よりも時間が短く費用も安いので利用している人も多いです。

こちらも薬剤を利用して髪の毛を伸ばすという方法なのですが、縮毛矯正と違ってこちらは半永久的に効果があるというものではないです。

そのためある程度の期間が経過すると元のようなくせ毛に戻ってしまいます。

また髪の毛の矯正力は縮毛矯正には劣るので、完全な直毛にならないこともあるということは知っておきましょう。

縮毛矯正やストレートパーマは若ハゲや薄毛に繋がるのか?

縮毛矯正やストレートパーマは若ハゲや薄毛画像

縮毛矯正やストレートパーマは少なからず髪の毛へダメージを与えるので、薄毛や若ハゲに繋がると思ったほうがいいです。

そもそも髪の毛を染めたりするだけでも頭皮にはダメージなのに、縮毛矯正やストレートパーマのような強力な液剤を利用するものが頭皮にダメージを与えないわけはないんですよね。

将来の薄毛を心配するなら縮毛矯正やストレートパーマは止めておいた方がいいというのは間違いないことだと思います。

施術はプロに任せないと若ハゲや薄毛が深刻になる

縮毛矯正などは自分で行える市販のものがあるので、それを利用しようと思っている人もいます。

しかし縮毛矯正を行っている際に、間違って液剤が頭皮などの付着してしまったり、髪の伸ばす際のアイロンが頭皮に触れてしまったりすると頭皮が炎症する可能性があります。

頭皮が炎症するとそれだけ大きなダメージになるので、薄毛や若ハゲの可能性が高まります。

最近だと安い価格で縮毛矯正が可能な美容院などがありますが、そういった価格重視で店を選んでいると、慣れてない人が縮毛矯正を担当することもあるので、頭皮炎症の可能性が高まります。

もしどうしても縮毛矯正を行う場合には信頼できるプロがいる美容院を選ぶようにしましょう。

市販のものを使って縮毛矯正を自分で行うのは言語道断だと思ったほうがいいです。

縮毛矯正やストレートパーマが薄毛や若ハゲになる原因

縮毛矯正やストレートパーマが薄毛や若ハゲになる原因画像

縮毛矯正やストレートパーマは上記のように頭皮にダメージを与えるために薄毛や若ハゲになると説明していますが、具体的にはどのようなことが原因で頭皮へのダメージになっているのでしょうか。

まずは縮毛矯正やストレートパーマがハゲに繋がる原因について理解しておきましょう。

液剤が頭皮にダメージを与える

縮毛矯正やストレートパーマを行う際には、髪の毛に液剤を利用することになります。

この縮毛矯正やストレートパーマで利用する液剤は非常に強力なもので、特に縮毛矯正の場合には半永久的に効果があるので、それだけ強力な液剤を利用することになります。

液剤を利用することによって髪の毛のキューティクルが剥がれてしまって髪の毛が傷みやすくなります

またこうした液剤が頭皮に付着すると炎症の原因になるので、それだけ頭皮環境の悪化の可能性を増大させます。

アイロンの熱によるダメージ

縮毛矯正やストレートパーマを行う際には、液剤だけでなくアイロンを使って髪の毛を直毛にしていきます。

液剤で傷んでいる髪の毛に高温のアイロンを使って追い討ちをかけるようにダメージを与えるので、当然ですが、髪の毛に悪影響を与えます。

液剤でキューティクルが剥がれている所にダイレクトにアイロンの熱が入ってきますからね。

髪の毛への負担はかなり大きいと思ったほうがいいと思います。

縮毛矯正やストレートパーマによる薄毛や若ハゲを治す方法とは?

縮毛矯正やストレートパーマによる薄毛や若ハゲを治す方法画像

縮毛矯正やストレートパーマについては頭皮や髪の毛へのダメージを指摘していますが、プロがしっかりと行えば、頭皮に液剤などを付着させずに措置することができるので、頭皮に炎症が発生する可能性は小さいです。

ただあまり頻繁に縮毛矯正やストレートパーマを行っていると頭皮にもダメージが蓄積されていってしまうので注意しましょう。

男性の場合には自分で市販の液剤などを購入して行う人がいますが、素人がこういった処置をすると薄毛や若ハゲの原因になるのでやめておきましょう。

縮毛矯正やストレートパーマの頻度は少ない方がいい

縮毛矯正やストレートパーマによる若ハゲや薄毛を予防する方法として一番いいのが、頻度を減らすことです。

というかできればこういった頭皮や髪の毛に負担をかけるようなことはやらないのがベストだと思います。

縮毛矯正の場合だと最低でも半年くらいは期間をあけてから行うようにするといいです。

頻度の多い人だと3ヶ月に1回くらいのペースでやっているみたいですが、頭皮に負担のかからないペースを美容師と相談して行うようにするといいです。

専門家に相談する

縮毛矯正やストレートパーマによる若ハゲや薄毛については、頭皮の炎症などが大きな原因になっていることが多いので、専門家に相談するといいです。

専門家といっても美容師ではないです。美容師は医師ではないので薄毛や若ハゲについて相談しても意味がないです。

薄毛や若ハゲについてはAGAクリニックなどで相談するようにしましょう。

縮毛矯正やストレートパーマによる薄毛なのではと思っている人もいますが、他にも遺伝や生活習慣、食生活など色々な原因が積み重なって薄毛になっている可能性があります。

参照:おすすめAGAクリニック

育毛剤を使用する

縮毛矯正やストレートパーマで薄毛になってしまった場合でも、原因は頭皮環境の悪化などがあげられるので、育毛剤などを利用して頭皮環境を整えることが大事になってきます。

薄毛は頭皮ダメージ以外にも色々な原因で発生するので、総合的に対策を行っていくことが必要になってきます。

男性の場合には頭皮へのダメージ以外にも、AGAが大きな薄毛の原因になっていることが多いです。

そのためAGAに対応している頭皮環境を整える育毛剤を利用していくことが大事になってきます。

参照:おすすめ育毛剤について

ピックアップ記事

1

自分がAGA(男性型脱毛症)かどうか判断する方法について説明しています。実際に自分がAGAなのか自己流で判断するのは難しいことです。そこでここではそんなAGAの簡単な判断基準について乗せています。参考にしてください。

自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較 2

育毛や発毛などの薄毛対策の中には植毛と言う選択肢もあります。そもそも植毛とはどのようなものなのでしょうか? 植毛は髪の薄い部分に直接毛を植えつけるというそのままの方法になります。 直接毛を植えつけてい ...

育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較 3

育毛に効果があると言われている商品には、育毛サプリがありますが、効果はあるのでしょうか? 現在では沢山の育毛サプリが販売されていますが、これだけ販売されているということはそれなりの効果があるからとも考 ...

その他の薄毛のタイプ画像 4

前頭部の若ハゲで悩んでいる男性は多いですが、そのままにしているとさらに若ハゲが進行する可能性が高いです。 前頭部はハゲの中でも悩んでいる人が多い種類のハゲなので何と改善したいと思っている人は多いと思い ...

頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法 5

頭頂部の薄毛(つむじハゲ)の原因や改善方法について興味のある人は少なくないですが、そのままにしているとどんどん薄毛の範囲が広くなってしまって、取り返しのつかないことになる可能性があります。 頭頂部の薄 ...

-薄毛改善対策方法

Copyright© 若ハゲ男の薄毛改善方法体験日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.