薄毛改善対策方法

紫外線には育毛効果と健康効果がある

投稿日:2015年3月8日 更新日:

紫外線が育毛や発毛、さらには健康効果があるというのを知っていますか?紫外線と効くと何となく肌に良くない印象があってどうなのかなと思う人が多いと思います。

しかし適量の紫外線にはしっかりと育毛や発毛などの効果があるので無視できない部分だと言えます。

紫外線は可視光線で最も波長の短い紫色よりもさらに波長が短いと言われている光になります。

紫外線の中には比較的波長の長いUVAと、それよりも波長の短い紫外線UVBがあります。

地上に到達する紫外線はほどんどがUVAになっており、UVAは皮膚の下部まで届いて、メラニン色素の産生を高めて、肌のシワヤたるみの原因になると言われています。

またUVAは皮膚の表面で吸収されて、長時間皮膚に作用すると、そこで発赤や水泡などの日焼け症状を起こしてしまって、そこからシミやそばかすの要因になってきます。

こうして効くと肌に悪く、紫外線は少しでも肌に当てないほうがいいと思いがちです。

紫外線のUVAはIGF-1を増やしてくれる

2015y03m08d_153310290

紫外線のUVAは体に悪いことばかりではないです。皮膚の知覚神経にあるクリプトクロムは青色光のほかに、UVAによって活性化されます。

さらにUVBは体内のビタミンDを活性化するという効果もあります。

活性型のビタミンDは知覚神経を刺激してIGF-1を増やすこともわかっています。

つまりはUVAやUVBは直接的と間接的に知覚神経を刺激してIGF-1を増やしてくれるということになります。

ちなみにIGF-1の育毛効果についてこちらを参考にしてください。

こうして見ると紫外線は肌に悪いという面がよく宣伝されていますが、実際にはしっかりと体へのいい効果もあるということがわかると思います。

紫外線の浴びすぎは体に良くないかもしれないですが、適量の紫外線を浴びるということは健康維持には大事なことです。

実際に紫外線を浴びないと、うつ病になるとも言われており、体はもちろんですが精神的な効果もあるように思います。

ちなみに夜勤が多い労働者は日勤の労働者に比べて発ガンリスクが高いことも報告されています。

そのため紫外線は悪いという考えにとらわれるのではなく、適量の紫外線を浴びてIGF-1を増やし、健康効果や育毛効果を高めることが大事になってきます。

肌も大事ですが、やはり育毛効果を期待するのなら積極的に外出するようにするといいかもしれないですね。

あまり紫外線に対して敏感にならずに、ほどほどに浴びるようにすれ問題ないです。

ピックアップ記事

1
AGA(男性型脱毛症)かどうかチェックする方法とは

自分がAGA(男性型脱毛症)かどうか判断する方法について説明しています。実際に自分がAGAなのか自己流で判断するのは難しいことです。そこでここではそんなAGAの簡単な判断基準について乗せています。参考にしてください。

自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較 2
自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較

育毛や発毛などの薄毛対策の中には植毛と言う選択肢もあります。そもそも植毛とはどのようなものなのでしょうか? 植毛は髪の薄い部分に直接毛を植えつけるというそのままの方法になります。 直接毛を植えつけてい ...

育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較 3
育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較

育毛に効果があると言われている商品には、育毛サプリがありますが、効果はあるのでしょうか? 現在では沢山の育毛サプリが販売されていますが、これだけ販売されているということはそれなりの効果があるからとも考 ...

その他の薄毛のタイプ画像 4
前頭部の若ハゲや薄毛の原因と改善方法

前頭部の若ハゲで悩んでいる男性は多いですが、そのままにしているとさらに若ハゲが進行する可能性が高いです。 前頭部はハゲの中でも悩んでいる人が多い種類のハゲなので何と改善したいと思っている人は多いと思い ...

頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法 5
頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法

頭頂部の薄毛(つむじハゲ)の原因や改善方法について興味のある人は少なくないですが、そのままにしているとどんどん薄毛の範囲が広くなってしまって、取り返しのつかないことになる可能性があります。 頭頂部の薄 ...

-薄毛改善対策方法

Copyright© 若ハゲ男の薄毛改善方法体験日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.