薄毛改善対策方法

毛乳頭と毛母細胞について

投稿日:2015年11月3日 更新日:

薄毛を治すにしても、その治療法が自分には有効なのかある程度判断するためには前段階として毛髪についての知識をしっかりと抑えておく必要があります

やはり目的の毛髪関連商品についての説明を見たときに、まったくのチンプンカンプンでは商品の選びようがないので毛乳頭と毛母細胞などの基本的な情報についてはしっかりと頭に入れてきたいものです。

人の皮膚は表面にある薄い皮である表皮と、その下にある厚めの皮膚である真皮の2つの構造になっています。

毛髪は真皮のほうから生えています。

よくCMなどで耳にする毛根という言葉を聞くと思いますが、毛根とは皮膚の下にある毛髪を指しています。

また私達が髪の毛と呼んでいる部分は、皮膚から出ている部分で毛幹と呼ばれている部分になります。

髪の毛は皮膚の下にある毛包で作られるのですが、毛包の根元には、髪の毛の成長に必要な栄養を取り込む毛乳頭と毛母細胞からなる毛球、髪の毛をつくるために必要な栄養や酸素を運んでくる毛細血管があります。

毛包とは?

毛の仕組み

毛根をさやのように包んでいるのが髪の成長を支えている毛包になります。

毛包は呼んで字のごとく、毛髪を包む鞘のようなものいなっており、毛包の周りには網の目のような感じで毛細血管が走っており、毛髪の成長に必要な栄養分や酸素などを毛包に届けています

器官としては小さいものですが、外毛根鞘から内毛根鞘小皮まで5層に分かれており、結構複雑な構造になっています。

毛乳頭と毛母細胞について

毛髪元気毛の根元あたりは、中央部分がくぼんだ球状になっています。このくぼんだ球状の底にある部分が毛乳頭になります。

この毛乳頭を取り囲むように存在しているのが毛母細胞になります。

よく育毛剤などの宣伝CMで出てくる毛母細胞はここにあります。

毛母細胞は毛細血管から栄養分を吸収しながら増殖したり、分化を繰り返して毛髪を作るようになって上に伸びるようになっています。

これが毛髪の伸びる仕組みになっています。そういった意味でも毛乳頭は髪の毛の成長に大いに関係がある部分だということがわかると思います。

しかし毛母細胞に運ばれるのが栄養ではなく成長を抑制する成分だった場合には、髪の毛は伸びることができずに、抜けてしまいます。

こうしてみるとテレビの育毛剤や発毛剤などのCMで毛乳頭や毛母細胞についての効果を謳っている理由についてわかるのではないでしょうか。

薄毛対策で髪の毛の発毛を目指すなら毛乳頭と毛母細胞の関係性や働きはしっかりと抑えて置くようにするといいです。

ピックアップ記事

1
AGA(男性型脱毛症)かどうかチェックする方法とは

自分がAGA(男性型脱毛症)かどうか判断する方法について説明しています。実際に自分がAGAなのか自己流で判断するのは難しいことです。そこでここではそんなAGAの簡単な判断基準について乗せています。参考にしてください。

自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較 2
自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較

育毛や発毛などの薄毛対策の中には植毛と言う選択肢もあります。そもそも植毛とはどのようなものなのでしょうか? 植毛は髪の薄い部分に直接毛を植えつけるというそのままの方法になります。 直接毛を植えつけてい ...

育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較 3
育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較

育毛に効果があると言われている商品には、育毛サプリがありますが、効果はあるのでしょうか? 現在では沢山の育毛サプリが販売されていますが、これだけ販売されているということはそれなりの効果があるからとも考 ...

その他の薄毛のタイプ画像 4
前頭部の若ハゲや薄毛の原因と改善方法

前頭部の若ハゲで悩んでいる男性は多いですが、そのままにしているとさらに若ハゲが進行する可能性が高いです。 前頭部はハゲの中でも悩んでいる人が多い種類のハゲなので何と改善したいと思っている人は多いと思い ...

頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法 5
頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法

頭頂部の薄毛(つむじハゲ)の原因や改善方法について興味のある人は少なくないですが、そのままにしているとどんどん薄毛の範囲が広くなってしまって、取り返しのつかないことになる可能性があります。 頭頂部の薄 ...

-薄毛改善対策方法

Copyright© 若ハゲ男の薄毛改善方法体験日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.