薄毛の原因

整髪料やヘアワックスがハゲる原因なるのか徹底解説

投稿日:

整髪料やヘアワックスを普段から利用してスタイリングをしている人は多いのではないでしょうか。

整髪料やヘアワックスは日常的に利用するものなので、頭皮や髪の毛へのダメージがどんな感じなのか普段から気になっている人も多いと思います。

また整髪料やヘアワックスを変えてから何となく抜け毛が増えたように感じるケースもあり、整髪料やヘアワックス用品によってハゲる原因になるのではないかと不安に感じる人もいると思います。

実際に整髪料やヘアワックスを利用するとハゲるという噂が以前からあるんですよね。

ここではそんな整髪料やヘアワックスによる薄毛の原因について解説しようと思います。

整髪料やヘアワックスを使うとどのような原因でハゲるのか?

整髪料ヘアワックスハゲる原因

整髪料やヘアワックスにも色々な商品がありますが、基本的に頭皮にダメージを与えてハゲる原因に繋がるのは間違いないです。

育毛効果のある整髪料やヘアワックスがあったら面白いのですが、そういった商品はないようです。

整髪料やヘアワックスを利用すると下記のような原因でハゲるようになります。

界面活性剤による頭皮環境の悪化

整髪料やヘアワックスには界面活性剤を含めて、鉱物油や紫外線吸収剤、アルコールなど色々なものが含まれており、どれも頭皮環境に悪影響を与えるものです。

特に界面活性剤は洗浄力が強く、頭皮の皮脂をきれいに洗浄してしまうくらい効果があります。

ただ頭皮の保湿成分も含めて洗い流してしまうので、その分だけ頭皮がカサカサになってしまいます。

本来は頭皮の皮脂膜が最近を増殖させないように抑えているのですが、それがなくなってしまうと最近が繁殖するようになります。

その結果としてフケやかゆみが出るようになり、頭皮環境が悪化するようになります。

またこうしたことが繰り返されると、頭皮は皮脂を分泌させようとして過剰に皮脂を分泌させるようになり、頭皮が過剰な皮脂でベタベタになり、毛穴に詰まる原因になります。

整髪料やヘアワックスが毛穴を塞ぐ

整髪料やヘアワックスを利用した際に、きちんと洗い流さずに繰り返し利用している人もいるのではないでしょうか。

頭皮についた整髪料やヘアワックスはそのまま残ってしまって毛穴を防ぐ原因になってしまいます。

整髪料やヘアワックスには頭皮に良くない成分も多く含まれているので、それが毛穴にずっと残った状態だと頭皮へのダメージにつながります。

毛穴がふさがれていては髪の毛が生えてくることはないので注意です。

シャンプーの使いすぎによる頭皮へのダメージ

整髪料やヘアワックスを利用していると、つけたままで寝てしまうのは頭皮に悪いということを知っている人も多いので、寝る前にシャンプーをする人も多いと思います。

ただ整髪料やヘアワックスを大量に使っている人の場合だと、シャンプーでは簡単に落ちないような場合もあります。

そのためシャンプーを複数回使ったり、整髪料やヘアワックスを落とすために過剰に頭皮を洗ってしまうようなケースがあります。

確かに整髪料やヘアワックスを落とすことは大事ですが、そのために何度もシャンプーをすると、頭皮の皮脂を過剰に落とす原因になります。

皮脂を落としすぎると、頭皮がそれを補おうとして過剰に皮脂を分泌して皮脂が毛穴に詰まる原因になってしまいます。

整髪料やヘアワックスでハゲないようにする対策方法

整髪料ヘアワックスハゲない対策

整髪料やヘアワックスを利用すると、どうしても頭皮への影響が出てしまってハゲてしまう可能性が生じるのは仕方のないことです。

ただしっかりとした正しい整髪料やヘアワックスの利用方法をしていれば、頭皮へのダメージや影響を抑えることはできます。

具体的には下記のようなことに注意するといいです。

整髪料やヘアワックスを頭皮につけないようにする

整髪料やヘアワックスによってハゲる一番の問題行動は、頭皮に整髪料やヘアワックスをつけてしまうということです。

整髪料やヘアワックスを頭皮につけてしまうと、そのことによって頭皮の毛穴を塞いでしまいます。頭皮環境が悪化します。

整髪料やヘアワックスを利用するに際には頭皮にはつけずに、毛先や髪の毛にだけつけるのが基本です。

この時に、あまり量を多く使わないにようにするのも大事になってきます。

過度なスタイリングは薄毛の原因になるので注意しましょう。

整髪料やヘアワックスをつけたまま寝ないようにする

言うまでもないですが、整髪料やヘアワックスをつけたままで寝てしまうと髪の毛に整髪料やヘアワックスがついたまま長時間経過することになります。

整髪料やヘアワックスが頭皮や髪の毛に良くないということは上記でもよくわかると思うので、それをずっとつけたままでいたら頭皮や髪の毛に大きなダメージになるのは言うまでもないですよね。

整髪料やヘアワックスをつけっぱなしにして、それが毛根に入ったままになってしまうと、洗い落としにくくなるだけでなく、そのまま毛穴に詰まってしまう可能性もあります。

また整髪料やヘアワックスによってゴミやほこりが付着しやすくなるのでさらなる頭皮環境悪化につながります。

整髪料やヘアワックスを使っている場合には、最低でも寝る前にはしっかりと洗髪しましょう。

洗髪の際に整髪料やヘアワックスをしっかりと落とす

洗髪が不十分で整髪料やヘアワックスが残っている場合だと、結果的に整髪料やヘアワックスをつけたまま寝るのと変わりがないことになります。

整髪料やヘアワックスを大量に利用しているような場合だと、それだけ洗髪の際に整髪料やヘアワックスが残りやすくなるので注意が必要です。

特にマッドタイプのキープ力が高い整髪料やワックスを使うとなかなか洗髪しても落ちないので注意が必要です。

こういった整髪料やヘアワックスを落とすためには洗浄力の強いシャンプーが必要だったりするので、それが頭皮へのダメージになったりするんですよね。

そのため整髪料やヘアワックスを使う際には、洗いやすいように、頭皮にはつけないようにして、毛先などの髪の毛に適量使うようにすることが大事になってきます。

薄毛の人にオススメの整髪料とは

オススメ整髪料

整髪料やヘアワックスについてはできるだけ使用しないのがベストですが、それでも出勤するさいにはスタイリングのために仕方なく利用しています。

昔はヘアワックスなどを利用していた時期がありましたが、抜け毛がひどくなった経験があり、そこで危機感を感じたのでそれ以来使ってないです。

個人的にはヘアワックスが一番頭皮へのダメージが大きいのではないかと考えます。薄毛の人にはオススメできない整髪料ですね。

ちなみに現在私が使っているのはスプレーです。

おそらくスプレーが一番頭皮に付着しにくいのではないかと考えます。スタイリングが終わった最後にスプレーで固めるという感じです。

薄毛の人にはスプレーが一番オススメの整髪料なのではないでしょうか。

人によってはヘアワックスを利用しても抜け毛が増えてないという人もいるかと思いますが、もし抜け毛が増えてきたと感じたら整髪料やヘアワックスなどを見直したほうがいいと思います。

またすでに抜け毛が深刻な場合には当サイトで育毛剤などの育毛関連商品を載せているのでよかったら参考にしてください。

ピックアップ記事

1
AGA(男性型脱毛症)かどうかチェックする方法とは

自分がAGA(男性型脱毛症)かどうか判断する方法について説明しています。実際に自分がAGAなのか自己流で判断するのは難しいことです。そこでここではそんなAGAの簡単な判断基準について乗せています。参考にしてください。

自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較 2
自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較

育毛や発毛などの薄毛対策の中には植毛と言う選択肢もあります。そもそも植毛とはどのようなものなのでしょうか? 植毛は髪の薄い部分に直接毛を植えつけるというそのままの方法になります。 直接毛を植えつけてい ...

育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較 3
育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較

育毛に効果があると言われている商品には、育毛サプリがありますが、効果はあるのでしょうか? 現在では沢山の育毛サプリが販売されていますが、これだけ販売されているということはそれなりの効果があるからとも考 ...

その他の薄毛のタイプ画像 4
前頭部の若ハゲや薄毛の原因と改善方法

前頭部の若ハゲで悩んでいる男性は多いですが、そのままにしているとさらに若ハゲが進行する可能性が高いです。 前頭部はハゲの中でも悩んでいる人が多い種類のハゲなので何と改善したいと思っている人は多いと思い ...

頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法 5
頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法

頭頂部の薄毛(つむじハゲ)の原因や改善方法について興味のある人は少なくないですが、そのままにしているとどんどん薄毛の範囲が広くなってしまって、取り返しのつかないことになる可能性があります。 頭頂部の薄 ...

-薄毛の原因

Copyright© 若ハゲ男の薄毛改善方法体験日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.