薄毛の原因

低気圧になると薄毛が進行する

更新日:

低気圧と高気圧が薄毛に関係があるなんて想像ができない人も多いのではないでしょうか。しかし実際には低気圧になると薄毛が進行すると言う話があります。

どういった理由でそうなるのでしょうか。

低気圧が近づいて天気が悪くなってくると、何となく気分はうっとおしい感じになってくると思いますが、逆に秋から初冬の高気圧に覆われて、晴れ渡った空をみるとすがすがしく爽快な気分になるのではないでしょうか。

薄毛改善に効果的なIGF-1は、鎮静効果と抗うつ効果をもっているので、体内のIGF-1が、低気圧によって減少して、高気圧で増加するのではないかと考えたくなってきます。

ちなみにIGF-1の薄毛改善の効果についてはこちらを参考にするといいと思います。

よく高齢で関節痛に悩まされている人は天気予報と同じくらいの速さで、低気圧の接近を予想したりします。

理由は簡単で炎症が悪化して痛みが酷くなるからです。また野球選手は怪我をすると移動に飛行機を使わないみたいです。これも飛行機の機内では気圧が低下すると傷の治りが遅くなるためだと言われています。

また骨折をした際にサッカー選手だったベッカムは高気圧酸素カプセルに入ることで治療したとも言われています。

このように高気圧は炎症を抑制して治癒力を強化しますが、これはIGF-1にも同様の事が言えるのです。

そう考えると高気圧は体内のIGF-1を増やす可能性があるということになります。

高気圧の環境ではIGF-1が増えて髪の毛が増える

2015y09m12d_135743812上記を見ても分かるとおり、高気圧の環境ではIGF-1が増加することで炎症の抑制や治癒力の増強、さらには育毛効果が認められて、逆に、低気圧になるとIGF-1が減少して、炎症の悪化や治癒力の低下が認められています。

高気圧でIGF-1が増えるという根拠ははっきりとはわかってないですが、気圧が上がることで、皮膚の血流が減って、皮膚が軽い虚血状態になると、知覚神経が刺激されやすくなることがわかっています。

つまり高気圧で減少した皮膚の血流を増やそうとするからだの反応の一部だと考えられています。

知覚神経が刺激されるとIGF-1が増えるのでそういった意味では高気圧で髪の毛が増えると言うのはまったく根拠のないことではないということがわかりますね。

ただ普段の低気圧が来ることを避けることはできないのでIGF-1を増やす習慣を心がけるようにすると薄毛改善につながってくると思います。

IGF-1を増やして髪の毛を増やす方法を当サイトでは色々紹介しているので是非参考にして見てはどうでしょうか。

ピックアップ記事

1

自分がAGA(男性型脱毛症)かどうか判断する方法について説明しています。実際に自分がAGAなのか自己流で判断するのは難しいことです。そこでここではそんなAGAの簡単な判断基準について乗せています。参考にしてください。

自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較 2

育毛や発毛などの薄毛対策の中には植毛と言う選択肢もあります。そもそも植毛とはどのようなものなのでしょうか? 植毛は髪の薄い部分に直接毛を植えつけるというそのままの方法になります。 直接毛を植えつけてい ...

育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較 3

育毛に効果があると言われている商品には、育毛サプリがありますが、効果はあるのでしょうか? 現在では沢山の育毛サプリが販売されていますが、これだけ販売されているということはそれなりの効果があるからとも考 ...

その他の薄毛のタイプ画像 4

前頭部の若ハゲで悩んでいる男性は多いですが、そのままにしているとさらに若ハゲが進行する可能性が高いです。 前頭部はハゲの中でも悩んでいる人が多い種類のハゲなので何と改善したいと思っている人は多いと思い ...

頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法 5

頭頂部の薄毛(つむじハゲ)の原因や改善方法について興味のある人は少なくないですが、そのままにしているとどんどん薄毛の範囲が広くなってしまって、取り返しのつかないことになる可能性があります。 頭頂部の薄 ...

-薄毛の原因

Copyright© 若ハゲ男の薄毛改善方法体験日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.