薄毛の原因

ストレスを改善すると薄毛や若ハゲも良くなる

投稿日:2016年10月12日 更新日:

ストレスと薄毛には密接な関係があるのは知っている人も多いのではないでしょうか。

ストレスが引き金になって、円形脱毛症が起きることなどストレスと抜け毛の関係が示唆されるような要因が多数あります。

ただストレスで薄毛や若ハゲ進行する原因は複合的な要因なので、すべて明らかになっているわけではないです。下記から詳細情報をご覧ください。

ストレスによる薄毛の説の中にある説の一つでよく耳にするのが、男性ホルモンが関与していると言う話です。

薄毛や若ハゲにはDHTが関係している

薄毛や若ハゲにはDHTが関係している

よく耳にするAGAは毛乳頭や皮脂腺に存在する酵素が男性ホルモンの一種である、テストステロンと結合してDHTというホルモンになり、これが頭部の毛根の根元にある毛母細胞の発毛活動を邪魔することが原因であると言われています。

このテストステロンは男性の生殖器の発達にかかわるホルモンであり、男性の声変わりや筋肉量にも関与していると言われています。

ストレスがこのDHTと大きく関係があります。

人間の体は心的なストレスが強い状況だと代謝機能が低下してしまって血流が悪くなることがわかっています。

頭皮への血流量が減ってしまうと、血流量を増やす効果のあるテストステロンの分泌を増やすのですが、そうなると結果的にDHTも増加して薄毛や若ハゲが進行してしまいます。

かといって血流量が増えないと髪の毛への栄養補給も滞ってしまうので、どうしようもなく、改善が難しいと言われている要因だと思います。

ストレスがなくなれば発毛するのか!?

ストレスの薄毛

ストレスが薄毛を引き起こしているなら、そのストレスがなくなれば髪の毛がまた生えてくるのではないかと思っている人も多いのではないでしょうか。

円形脱毛症などは、発症の原因になったストレスが取り除かれれば自然と毛が生えてきます。

ただAGAの場合はストレスがなくなったとしても、そこまで直接的な改善は認められてないです。

しかし日常生活でのストレスの軽減が発毛をサポートする効果があるというのは間違いないことだと思います。

現代はストレスは基本的に誰もが抱えているものだと言えます。

そのためストレスをすべてなくすrことは難しいですが、できるだけ軽減できるような試みは大事になります。

特に趣味など自分の時間が持てるような環境づくりが大事だといえるかもしれないですね。

ストレスなど精神的な事で抜け毛が増える

2014y11m23d_161352404抜け毛が気になって眠れないという人は意外と多いです。

私達の体には脳や体が活発に働いているときに働く交感神経と、リラックスしているときに働く副交感神経があります。

眠れないくらい抜け毛でストレスがある人の場合だと交感神経が活発に活動しているときです。このような状況は抜け毛を助長させることになります。

髪の毛は頭皮内の毛細血管から栄養を貰っています

そのため毛細血管の血の巡りが良くない場合だと栄養が行き渡らずに髪の毛の成長が難しくなってしまいます

ストレスが多いときは体が興奮した状態であり太い血管に血液が行ってしまって毛細血管の血液循環が悪くなってしまいます

ストレスが髪の毛に悪いというのはこのような原因があります。

逆に副交感神経が優位な場合には毛細血管の血の巡りが良いときです。

副交感神経は体がリラックスしている時に優位になる神経です。質のいい睡眠や息抜きの時間をしっかりと作ることが薄毛対策に非常に大事なのはこれでわかるのではないでしょうか。

このように睡眠不足が髪の毛によくないと言うのは明白な事実になります。

ストレスによる薄毛や若ハゲへの影響まとめ

ストレスによる薄毛や若ハゲへの影響まとめ

このようにストレスは薄毛や若ハゲに非常に影響があります。

ストレスは体の各所に悪影響が出てしまいますが、普段仕事をしているとどうしても抑えることは困難です。

まずはできるだけストレスを抑えるような生活を送ることが大事になります。

ストレスによる若ハゲや薄毛の進行の原因についてはまとめると下記のような感じになります。

ストレスによる若ハゲや薄毛への影響

  • 血行不良による頭皮環境の悪化
  • 自律神経悪化による消化器官への影響
  • 睡眠不足

血行不良による頭皮環境の悪化

上記でも説明してますが、髪の毛の成長に必要な栄養は毛細血管を通して血液から流れているものです。

そのためストレスによって血行不良が起こってしまうと、それだけ髪の毛へ流れる栄養も少なくなってしまうということです。

よく頭皮の血行を良くするために頭皮マッサージをシャンプーの際に行ないますが、これは血行不良を改善するという目的があります。

頭皮マッサージの目的が血行促進だということを考えると、どれだけ頭皮の毛細血管が薄毛や若ハゲ改善に大事なのか想像できると思います。

自律神経悪化による消化器官への影響

ストレスが自律神経悪化によって内蔵機能が低下することが分かっています。

内蔵機能と髪の毛が何か影響があるのかと気になっている人もいるかもしれないですが、実際には結構影響があるんですよね。

そもそも食事などによって得た栄養素を消化するのは内臓ですよね。

髪の毛へ栄養を送るためには、そもそも食物を栄養素に分解する必要があります。

自律神経の悪化によって消化器官が刺激されてしまって働きが弱くなってしまうと問題です。

髪の毛が成長するためにはタンパク質や亜鉛、カルシウムなど色々な栄養素が必要になってきます。

これらの栄養素を得るためにもストレスによって消化器官が弱ってしまうと、間接的に薄毛や若ハゲを助長する結果になります。

睡眠不足による薄毛や若ハゲの進行

ストレスが溜まると不眠症など寝れないような状況になる人も少なくないです。

睡眠は髪が成長するには非常に大事なもので、睡眠不足は脳の大きなストレスにもなります。

発毛や育毛のためにもしっかりと睡眠時間は確保しておく必要があります。

ちなみに髪の毛がもっとも成長するゴールデンタイムは22時から翌2時の間だと言われています。

この時間帯に質の良い睡眠の中にあるかどうかで髪の毛の成長スピードが変わってくるので、睡眠不足や夜更かしは髪にとって成長を抑制される負の要因になります。

ストレスはもちろんですが、それに関係する睡眠不足も薄毛に繋がる可能性が高いのは間違いないです。

ピックアップ記事

1
AGA(男性型脱毛症)かどうかチェックする方法とは

自分がAGA(男性型脱毛症)かどうか判断する方法について説明しています。実際に自分がAGAなのか自己流で判断するのは難しいことです。そこでここではそんなAGAの簡単な判断基準について乗せています。参考にしてください。

自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較 2
自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリットを比較

育毛や発毛などの薄毛対策の中には植毛と言う選択肢もあります。そもそも植毛とはどのようなものなのでしょうか? 植毛は髪の薄い部分に直接毛を植えつけるというそのままの方法になります。 直接毛を植えつけてい ...

育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較 3
育毛サプリメントの効果とメリットとデメリットを比較

育毛に効果があると言われている商品には、育毛サプリがありますが、効果はあるのでしょうか? 現在では沢山の育毛サプリが販売されていますが、これだけ販売されているということはそれなりの効果があるからとも考 ...

その他の薄毛のタイプ画像 4
前頭部の若ハゲや薄毛の原因と改善方法

前頭部の若ハゲで悩んでいる男性は多いですが、そのままにしているとさらに若ハゲが進行する可能性が高いです。 前頭部はハゲの中でも悩んでいる人が多い種類のハゲなので何と改善したいと思っている人は多いと思い ...

頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法 5
頭頂部薄毛(つむじハゲ)の初期症状と原因と改善方法

頭頂部の薄毛(つむじハゲ)の原因や改善方法について興味のある人は少なくないですが、そのままにしているとどんどん薄毛の範囲が広くなってしまって、取り返しのつかないことになる可能性があります。 頭頂部の薄 ...

-薄毛の原因

Copyright© 若ハゲ男の薄毛改善方法体験日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.